カッティングシートの可能性を追求するデザインコンペ CS DESIGN AWARD

TOP > 一般部門 > 審査員

一般部門 審査員
審査委員長 原 研哉
審査委員長 原 研哉

1958年生まれ。グラフィックデザイナー。日本デザインセンター代表取締役社長。武蔵野美術大学教授。
世界各地を巡回し、広く影響を与えた「RE-DESIGN:日常の21世紀」展をはじめ、
「HAPTIC」「SENSEWARE」「Ex-formation」など既存の価値観を更新するキーワードを擁する展覧会や教育活動を展開。また、長野オリンピックの開・閉会式プログラムや、愛知万博のプロモーションでは、深く日本文化に根ざしたデザインを実践した。
2002年より無印良品のアートディレクター。活動領域は極めて広いが、透明度を志向する仕事で、松屋銀座、森ビル、蔦屋書店、GINZA SIX、MIKIMOTOなどのVIを手がける。
外務省「JAPAN HOUSE」では総合プロデューサーを務めた。2019年7月にウェブサイト「低空飛行」を立ち上げ、個人の視点から、高解像度な日本紹介を始め、観光分野に新たなアプローチを試みている。
著書『デザインのデザイン』(岩波書店、2003年)、『DESIGNING DE-SIGN』(Lars Müller Publishers, 2007)、『白』(中央公論新社、2008年)、『日本のデザイン』(岩波新書、2011年)、『白百』(中央公論新社、2018年)など著書多数。

原 研哉原 研哉原 研哉原 研哉原 研哉原 研哉
佐藤 卓
佐藤 卓

グラフィックデザイナー。
1979年東京藝術大学デザイン科卒業、1981年同大学院修了。株式会社電通を経て、1984年佐藤卓デザイン事務所設立。現 株式会社TSDO代表。
「ニッカ・ピュアモルト」の商品開発から始まり、「ロッテ キシリトールガム」や「明治おいしい牛乳」のパッケージデザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」のグラフィックデザイン、
「金沢21世紀美術館」「国立科学博物館」「全国高等学校野球選手権大会」のシンボルマークなどを手掛ける。また、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」アートディレクター、「デザインあ」総合指導、
21_21 DESIGN SIGHTディレクターおよび館長を務めるなど多岐にわたって活動。著書に、「クジラは潮を吹いていた。」(DNPアートコミュニケーションズ)、「塑する思考」(新潮社)、
「大量生産品のデザイン論-経済と文化を分けない思考-」(PHP新書)など。

佐藤 卓佐藤 卓佐藤 卓佐藤 卓佐藤 卓
石上 純也
石上 純也

1974年神奈川県生まれ。建築家。東京藝術大学大学院美術研究科建築科修士課程修了。妹島和世建築設計事務所を経て、2004年、石上純也建築設計事務所設立。日本建築学会賞、第12回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞(企画展示部門)など多数受賞。2014ハーバード大学大学院客員教員、2015 プリンストン大学大学院客員教員。2010年、個展「石上純也展建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?」(資生堂ギャラリー)、「建築のあたらしい大きさ」(豊田市立美術館)開催。主な作品に「四角いふうせん」(2007)、「神奈川工科大学KAIT工房」(2008)等。
 
出版
『table as small architecture』/『plants & architecture』/『ballon & garden』
『Studies for The Scottish National Gallery of Modern Art』/『建築のあたらしい大きさ』
『建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?』
 
パブリック・コレクション
ポンピドゥ・センター/イスラエル美術館

石上 純也石上 純也石上 純也石上 純也石上 純也
五十嵐 久枝
五十嵐 久枝

インテリアデザイナー。
東京生まれ。1986年桑沢デザイン研究所 インテリア・住宅研究科卒業。
1986年〜91年 クラマタデザイン事務所勤務。1993年 イガラシデザインスタジオ設立。
空間デザインと家具・プロダクト・遊具等の立体デザインを主とし、「衣・食・住・育」の場を通して空間の可能性を模索する進行形デザインを展開する。
武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科教授、グッドデザイン賞審査委員。
主な仕事として、「TSUMORI CHISATO」「familiar PRESCHOOL」のインテリアデザイン、「TANGO」「baguette」「AWASE」の家具デザイン、「ソフトドームスライダー」「seed」の遊具開発など。
JCDデザイン賞銀賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、CSデザイン賞 金賞、準グランプリなどを受賞。

五十嵐 久枝五十嵐 久枝五十嵐 久枝五十嵐 久枝五十嵐 久枝
服部 一成
服部 一成

グラフィックデザイナー、アートディレクター。
1964年東京生まれ。1988年東京芸術大学美術学部デザイン科卒業、ライトパブリシテイ入社。2001年よりフリーランス。主な仕事に、「キユーピーハーフ」の広告、雑誌『流行通信』『here and there』『真夜中』のアートディレクション、「三菱一号館美術館」や書店「ユトレヒト」のロゴタイプ、POLAの新VI、エルメスのイベント「petit hのオブジェたち」の会場デザイン、横山裕一『アイスランド』や吉増剛造『GOZOノート』などの書籍のデザイン、ロックバンド「くるり」のアートワークなどがある。毎日デザイン賞、亀倉雄策賞、東京ADC賞、原弘賞、東京TDCグランプリなどを受賞。

服部 一成服部 一成服部 一成服部 一成服部 一成