カッティングシートの可能性を追求するデザインコンペ CS DESIGN AWARD

TOP > 一般部門 > 審査員

一般部門 審査員
審査委員長 原 研哉
審査委員長 原 研哉

グラフィックデザイナー。1958年生まれ。デザインを社会に蓄えられた普遍的な知恵ととらえ、コミュニケーションを基軸とした多様なデザイン計画の立案と実践を行っている。日本デザインセンター代表。武蔵野美術大学教授。2002年より無印良品アートディレクション、代官山蔦屋書店VI、HOUSE VISION、らくらくスマートフォン、ピエール・エルメのパッケージなど活動の領域は多岐。これらのデザインにより、日本文化デザイン賞ほか数多くの賞を受ける。
また、デザインという語の意味を問い直しながら世界各地を巡回し、広く影響を与えた「RE-DESIGN:日常の二十一世紀」展(世界インダストリアルデザインビエンナーレ、インダストリアル・グラフィック両部門大賞、毎日デザイン賞受賞)をはじめ、「HAPTIC」「SENSEWARE」など、シンボ リックなキーワードを冠した展覧会を制作し、デザインのあり方について世界に問いかけ続けている。
著書『デザインのデザイン』(岩波書店、2003年)はサントリー学芸賞を受賞。後に中国・韓国・台湾語に翻訳され、さらに大幅に増補した英語版『DESIGNING DESIGN』(Lars Muller Publishers、2007年。日本語版、岩波書店、2007年)を刊行。ほかに『白』(中央公論新社、2008年。英語版、ドイツ語版、Lars Muller Publishers、2009年)、『なぜデザインなのか。』(共著、平凡社、2007年)など多数。

原 研哉原 研哉原 研哉原 研哉原 研哉原 研哉
内田 繁
内田 繁

1943年横浜生まれ。インテリアデザイナー。メトロポリタン美術館(NY)、モントリオール美術館等に永久コレクション多数。日本を代表するデザイナーとして国際的評価を受けるなか、世界各国での講演、国際コンペティションの審査、ミラノ、NY、ソウル等での展覧会、世界のデザイナーの参加するデザイン企画のディレクションなど、つねにその活動が新しい時代の潮流を刺激し続けている。また、日本文化の探求を発展させ、現代の茶室や立礼卓などを発表するとともに、デザインと日本文化の深い関わりを活動、教育に生かす研究を続けている。毎日デザイン賞、芸術選奨文部大臣賞等受賞、紫綬褒章、旭日小綬章受章。

内田 繁内田 繁内田 繁内田 繁内田 繁
佐藤 卓
佐藤 卓

グラフィックデザイナー
1979年東京藝術大学デザイン科卒業、1981年同大学院修了。株式会社電通を経て、1984年佐藤卓デザイン事務所設立。「ニッカ・ピュアモルト」の商品開発から始まり、「ロッテ キシリトールガム」や「明治おいしい牛乳」などの商品デザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」のグラフィックデザイン、「金沢21世紀美術館」「国立科学博物館」「全国高校野球選手権大会」等のシンボルマークを手掛ける。また、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」アートディレクター、「デザインあ」総合指導、21_21 DESIGN SIGHTディレクターを務めるなど多岐にわたって活動。著書に、「クジラは潮を吹いていた。」(DNPアートコミュニケーションズ)、「JOMONESE」(美術出版社)、「真穴みかん」写真集(平凡社)など。

佐藤 卓佐藤 卓佐藤 卓佐藤 卓佐藤 卓
石上 純也
石上 純也

1974年神奈川県生まれ。建築家。東京藝術大学大学院美術研究科建築科修士課程修了。妹島和世建築設計事務所を経て、2004年、石上純也建築設計事務所設立。日本建築学会賞、第12回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞(企画展示部門)など多数受賞。2014ハーバード大学大学院客員教員、2015 プリンストン大学大学院客員教員。2010年、個展「石上純也展建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?」(資生堂ギャラリー)、「建築のあたらしい大きさ」(豊田市立美術館)開催。主な作品に「四角いふうせん」(2007)、「神奈川工科大学KAIT工房」(2008)等。
 
出版
『table as small architecture』/『plants & architecture』/『ballon & garden』
『Studies for The Scottish National Gallery of Modern Art』/『建築のあたらしい大きさ』
『建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?』
 
パブリック・コレクション
ポンピドゥ・センター/イスラエル美術館

石上 純也石上 純也石上 純也石上 純也石上 純也